徳島の裁判資料の内偵・証拠資料収集なら探偵・興信所ガルエージェンシー徳島。相談見積無料[徳島・鳴門・阿波・四国]

基本調査料金表
裁判資料の内偵

徳島での裁判資料の内偵・証拠資料収集ならガルエージェンシーヘ
慰謝料請求・民事事件・告訴・調停・訴訟・裁判資料・損害賠償請求等の証拠収集、情報収集等、
調停や裁判に必要な証拠資料を収集

裁判資料の内偵とは
裁判や調停のための証拠や資料を収集する調査です。
色々な分野で生じた紛争事案が調停や裁判所に持ち込まれた場合、弁護士さんだけでは収集することのできない「あなた側が有利となる証拠資料」を収集致します。

裁判のための調査 裁判所
民事事件や裁判、調停(特に民事裁判)の為の証拠は、当事者側(ご依頼者さん側)で収集しなくてはなりません。
こちらが有益な条件を提示できるように、また裁判を有利に展開できるようにご依頼者さんや弁護士さんからのご意見やご指示をいただきなながら、証拠収集作業を行います。
実際に裁判に持ち込まれたとしても、こちら側の方が証拠能力が高いと判断されれば、相手や相手の弁護士さんがこちら側の要望に応じてくれ、裁判をせずにして、若しくは裁判の途中でも、決着がつくケースが非常に多いのです。
慰謝料請求、離婚裁判、親権問題、相続問題、金銭トラブル、職場の問題、交通事故の問題など、地元の弁護士事務所さまより多数のご依頼をいただいております。
刑事事件についても、地元の警察や、弁護士さんに指示を仰ぎながら、事実確認調査を行っています。

調停のための調査
夫婦関係や男女関係、親族関係、子ども、相続などに関する調停では、和解案などにおいて、こちら側の最も有益な条件を提示出来るよう、調停前に然るべき情報・資料を収集します。

証拠資料の収集とは
裁判の最終的な決め手は、『証拠』です。
あなたが望む方法でトラブルを解決するためには、証拠資料の数と質がものをいいます。

証拠収集の方法は、写真・ビデオによる撮影から血液・指紋鑑定などの科学調査によるものまで多岐にわたりますが、状況に応じて有効な方法で調査を行います。

事例紹介
調査事例
男性 夫(もしくは妻)が突然「離婚したい!」と言い出し、家を出て行ってしまった。
浮気をしていることは99%確実なのに、本人は認めず、生活費も一切払ってくれない。
離婚を決意し、本人や浮気相手に対して慰謝料請求を行い、親権も渡したくない。

解説
浮気現場は勿論のこと、不貞行為が立証出来るだけの行動調査・浮気調査を行い、証拠収集を行います。
裁判の進行手法というのは、各弁護士さんによって異なりますので、ご依頼者様が選任された弁護士さんのご意見やご指示をいただきながらながら調査を進行させていただきます。

本人がいくら白状したり、認めていたとしても、いざ裁判が始まると、第三社の悪知恵が入ったり、相手側の弁護士さんが出てくると、殆どの人は否認したり、白を切り通します。
最終的には、証拠が頼みの綱となり、調停や裁判の結果にも大きく影響されます。

お知り合いの弁護士さんがいない方には、当社の顧問弁護士さんをご紹介させていただきます。

探偵届出番号 徳島県公安委員会 第80110004号
総合探偵社 ガルエージェンシー徳島
アクセスマップはこちら
無料相談ホットライン 0120-563-316 ご相談・お見積り無料 携帯・PHSからのご利用頂けます
ご相談・お見積り無料 携帯・PHSからもご利用頂けます

〒770-0855
徳島県徳島市新蔵町1-19 ツボイビル1F(裁判所向かい)
TEL 088-656-9494(代) FAX 088-656-9004
E-mail:info@galu-shikoku.net


お問い合わせ相談フォーム 24時間受付 専門分野に精通したスタッフがお客様のご相談にお応えいたします。お気軽にご相談ください!