徳島の浮気調査なら確かな技術と実績の探偵・興信所ガルエージェンシー徳島。≪相談見積無料≫お気軽にご相談下さい[徳島・鳴門・阿波・四国]

基本調査料金表
浮気調査・不倫調査 浮気調査の準備


浮気調査の前に

チェック1:浮気のタイミング
浮気調査には調査をするタイミングが非常に重要です
調査の機会をのがしてしまうと、せっかく調査をしても、接触がなかったり、全く証拠が出てこなかったいうことになりかねません。

調査のタイミングがピッタリ合うと、その分、決着するまでの時間が短縮され、コストも低く抑えることが出来ます。
では、調査を行なうのに、ピッタリなタイミングというは、いつなのでしょうか?

チェック2:タイミングを計るにはメモなどで記録すること
浮気調査の前に イメージ
怪しい行動や言動があった場合、それらをメモしておくことが重要です
対象者の行動で、怪しい行動や言動があった場合、それらをメモしておくことが重要です。
メモをしていくうちに、一定のパターンが浮かび上がってくることがあります。
それは曜日であるとか、時間帯であるとか。
同じ曜日の同じ時間帯に、携帯電話に電話しても出ないし折り返しもないとか、または電源が入っていないなど。

明らかに様子がおかしい時や、深夜帰宅、外泊した日などはメモなどをして記録をしましょう。
簡単なもので構いません。書き込めるカレンダーや手帳などをご用意するといいと思います。
そこに出勤日、休日、給与支給日などを事前に記入し、家を出た時間、帰宅した時間も記録していきましょう。
後から怪しいレシート等が出てきたら日時を記入しておきましょう。
もしも、あなたが診療内科などに通院しているのであれば通院日なども記入し、診断書やレシートなども貰っておきましょう。
また給与明細などから有給休暇を確認し、知らない日に有給休暇を取っているようであれば、かなり怪しいかも知れませんね。
こういったメモや日記が証拠になることもありますし、調査のタイミングを計るための重要なデータとなるでしょう。

簡単なメモの作成方法

おおよその怪しい日が特定出来たと思います。
この日記は調停などでも、あなたの心強い味方になってくれるでしょう。
調査をご依頼されるときは、浮気の可能性が一番高い日を選択されたほうが予算的に考えても得策といえます。

ただあまり深く考えすぎるのもよくありません。

女性のご依頼者と、男性のご依頼者との違いは?
浮気調査を申し込まれた場合、女性のご依頼者様は、
相手が浮気をしそうな日をピッタリと特定するのが非常に上手です。
逆に、男性のご依頼者様の場合、空振りになることが多く、浮気をしそうな日を特定するのが苦手なようです。
その違いは、日頃からの『観察力』です。

女性のご依頼者様の多くは、日頃から掃除や洗濯等、家事をこなしている為、ご主人(彼)の衣類や小物、書類などに触る機会が多く、些細なきっかけからご主人(彼)の変化に気付くことが早いのです。
男性は、妻(彼女)の衣類や小物に触れる機会などが少ないので、情報不足が否めません。

妻の生理のスケジュールを確認しておくというのも方法の1つだと思います。

「女性は鋭い」というのは、勘や性格だけではなく、『観察力』が優れているのです。

チェック3:携帯電話には、重要な情報がたくさんある
携帯電話には、浮気調査を行う上で、重要な情報がびっしり詰まっています
今、一人に一台は持っている携帯電話。
この携帯電話には、浮気調査を行なうのに必要な、重要な情報がびっしり詰まっています。
例えば、電話の着信・発信履歴はもちろんのこと、メールの文章(やりとり)など、もしもチェックできるのなら、相手に感ずかれないようにチェックしてみるのも方法の1つです。
もしかすると、夫(妻)が浮気をしている相手の名前や、会社名などが分かるかもしれません。
その他にも、浮気相手と会う日時が事前に特定できるかもしれません。

もしも、携帯電話にロックがかかっていて、メールの内容が見れない場合でも、メールの文章を新規作成するときに、「あ」などの文字を入れてみましょう。
よく使っている言葉ならば、「愛してる」や「会いたい」など、あなたには送ったことのない内容の文章が履歴として出て来るかもしれません。それだけでも十分に怪しいのです。

ただ、十分注意をしていただきたいのが、携帯電話を覗き見したことが感づかれてしまうと、ご夫婦の関係が取り返しのつかないことになってしまいますので、くれぐれも無理しないようにしましょう。
携帯電話を覗き見されたことを理由に、逆切れをして、離婚を迫ってくる人が非常に多いのです。

チェック4:調査を行うタイミングを自分で作ってみる
あえてスキをつくり、自由にさせてあげましょう
明らかに怪しい対象者の行動。
そんなにお酒が好きな人でもないのに、同僚と飲みに行くと言って外出したり、休日出勤と言って休みの日に出かけたりと、イライラすることも多々あると思います。

でも、ここで声を荒げて怒ったりしてはいけません。あえてスキをつくり、夫(妻)を自由にさせてあげましょう。
例えば、同窓会や女子会があるなどと言って、家を空けてみてはどうでしょうか。
あなたがいないことをいいことに、嘘をついて外出し、浮気相手と密会するかもしれません。
あなたが家にいないという開放感や、安心感が夫(妻)の気を大きくし、大胆な行動を取らせることもあります。

より行動を促す為には、夫(妻)が体を求めてきても、具合が悪いなどと言って、拒否してみるのもよいかもしれません。
ただ逆に、こちら側が「浮気を疑っている」ということが相手に感づかれてしまっては意味がありません。
「何があっても、普段通りに接する」ことが一番望ましいと思われます。

チェック5:浮気調査の時の注意事項
証拠が取れるまでは、何があっても「我慢」が必要です
あなたが我慢をしてタイミングを計り、いよいよ調査を決行する時がやってきました。
でも、それで気を大きくしてはいけません。注意して欲しいことがあります。

我々探偵社の名刺や、契約書、パンフレッドなどは見られないように注意しましょう。
その他にも、夫(妻)との会話の時に、興奮し過ぎたり、警戒されるような言動は避けましょう。
なかには、ケンカになってしまい「あなたがそんないい加減な人だから、探偵(興信所)に調査をお願いしたんだからねっ!」などと自分から言ってしまう人も意外といらっしゃるのです。
こうなってしまっては、調査どころではありません。
圧倒的な証拠を取り、浮気調査を成功させるためにも、最後まで我慢し、油断せずに準備を進めましょう。

チェック6:信用できる探偵社かどうか?
探偵社選びは、簡単です
「浮気調査をすることは決意したものの、どこにお願いしていいかわからない・・・」
ご相談者様よりお聞きするお言葉です。
そういう不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。
このような場合には、その探偵社が信頼できるのかどうか、安全なのかどうか、チェックしてみましょう。

探偵社選びに必要なチェックポイント
チェックボックス電話・面談時の接客態度が悪い
チェックボックスきちんとした事務所を構えていない、ホテルのロビーや喫茶店などで会おうとする
チェックボックス事務所(相談室)へ行こうとすると、何かと理由を付け嫌がる
チェックボックス出された名刺が、かけた電話の社名と違う
チェックボックス調査プランの説明がわかりにくい、料金体系が不明瞭
チェックボックス料金表示がやたらと安すぎる、見積書を出してくれない
チェックボックス調査の成功の条件を曖昧にしている
チェックボックス報告書サンプルや見本を見せてくれない
チェックボックス契約書類を作成しない、領収書を発行したがらない
チェックボックス他社とサービスや料金を比較することをとても嫌がる、急いで契約させようとする
チェックボックス他社の悪口ばかり言って、「自社が一番」と強調する
チェックボックス失敗するリスクの説明がなく、とにかく成功することを強調する
チェックボックス相談室や事務所の所在地、代表者の氏名を公開していない
チェックボックス離婚の法律や解決方法の知識が乏しい

以上の項目に多数あてはまる場合には、他の探偵社にも相談して比べてみましょう。

当たり前のことですが、信頼できる探偵社なのかどうか、確認する一番良い方法は、事務所(相談室)へ足を運んでいただき、担当者に直接相談することにより、「信頼できる会社なのかどうか?」「親身になってくれそうなのか?」ご自分の目で確認することが可能です。
報告書サンプルや証拠となる資料も確認しましょう。
「用意していない、見せることができない」等と言われる場合は論外です。
調査報告書を見れば、その探偵社の調査能力と技術が判断できます。

せっかく、ご依頼されるのなら、あなたに合った信頼できる探偵社(相談員)を選びましょう。

チェック7:浮気調査に対する心構え
浮気調査に対する心構え イメージ
勇気を出して決断をすることにより、必ず最適な解決方法が見つかります
夫(妻)が浮気をしていると感じた時、それを知ったあなたは怒り心頭になり、調査をすることを決断しました。
いざ調査を依頼しようと、探偵社に相談したところで、迷ってしまうことがあります。いわゆる良心の呵責(かしゃく)です。
長年連れ添ってきた夫(妻)をだましているようで、申し訳なくなってしまうのです。
浮気調査をして、離婚をするということは、特にお子様のいる家庭にとって、一時の感情でのみ判断していいものではないでしょう。

しかしながら、何もせずに放置しておき、相手方から離婚を切り出された場合、もっと悲惨です。
お子様の親権や養育費の問題、住む場所の問題、身内・親族に対する問題、金銭的な問題(慰謝料・財産分与)など様々な問題が押し寄せてきますが、解決していくのは、あなた自身なのです。

浮気調査を決断させる原因を作ったのは誰なのか、今後どうすればいいのか、冷静に考えてみましょう。

事実を知る、証拠を掴むうえで、浮気調査が必要であれば、専門家である探偵社を有効活用していただければいいのです。
何も恥ずかしいことではないのです。
先延ばしにしても、この状況は何も変わらないのです。
勇気を出して決断をすることにより、きっとあなたに合った最適な解決方法が見つかります。

チェック8:巷にあふれる浮気・不倫
あなたが最終的に選んだ決断が、一番正しいのです
もしも、夫(妻)があなたに内緒で別の異性と会っていたら・・・
とふと心によぎったことはありませんか?
浮気・不倫という問題は、どこのご夫婦やカップルにもふりかかる可能性があるものです。
では、実際にあなたの身にふりかかってしまった場合、どう対処すればいいのでしょうか?
一般的には下記の3つに分類されます。

①離婚を前提に、話し合いをする
②離婚はせずに、浮気をやめさせるように話し合いをする
③我慢する、興味がないので放っておく

以上に分類されます。
①と②に該当される方が、探偵社に浮気調査をご依頼されるのです。

ご依頼者様の多くは、離婚を決意して依頼をされているように思われがちですが、
実際には当社では何と80%の方が「夫婦生活をやり直したい、離婚したくない」と望まれ、
ご依頼されているのです。


家族、友人、誰が何と言おうとも、あなたが最終的に選んだ決断が、「離婚」「夫婦生活をやり直す」のどちらを選択されたとしても、それが一番正しい対処方法なのです。

浮気調査を行うことより、事実を把握し、不貞行為を押さえることにより、離婚に向けた話し合いをスムーズに進めることが可能です。
また、離婚はせずに、浮気相手と別れてもらうということも可能なのです。


離婚は結婚とは違い、養育費・慰謝料・財産分与など金銭が絡んできます。
離婚する時は、結婚する時以上の準備が必要であると言えるでしょう。


探偵届出番号 徳島県公安委員会 第80110004号
総合探偵社 ガルエージェンシー徳島
アクセスマップはこちら
無料相談ホットライン 0120-586-316 ご相談・お見積り無料 携帯・PHSからのご利用頂けます
ご相談・お見積り無料 携帯・PHSからのご利用頂けます

〒770-0855
徳島県徳島市新蔵町1-19 ツボイビル1F(裁判所向かい)
TEL 088-656-9494(代) FAX 088-656-9004
E-mail:info@galu-shikoku.net

前のページ
2.浮気の解決方法
トップページへ戻る 次のページ
4.調査報告

お問い合わせ相談フォーム 24時間受付 専門分野に精通したスタッフがお客様のご相談にお応えいたします。お気軽にご相談ください!